【徹底解説】Binance(バイナンス)特徴と評判【2018年最新版】

【徹底解説】Binance(バイナンス)特徴と評判【2018年最新版】
コインメーカー

こんにちは、コインメーカー運営(@COIN_MAKER_JP)です!

今回は中国(香港)に拠点をかまえるBinance(バイナンス )という取引所について解説します。

Binance(バイナンス )は取引所を開設してからわずか半年で取引高1位になった勢いのある取引所です。

仮想通貨投資を本格的に行なっていくには外す事のできない要注目の取引所です。

こちらの記事ではBinance(バイナンス )の特徴や評判、そして利用する上での注意点について説明していきます。

どの取引所を利用しようか検討中の方は参考にしてみてください。

Binance( バイナンス )とは?

Binanceイメージ

2017年7月に、チャオ・チャンコン氏によって創業された、中国発の仮想通貨取引所です。 事業開始約1ヶ月で、グローバル取引量トップ10に入っており、手数料も安く、新しい通貨の上場のペースも早く注目を集めている取引所です。2017年9月より、日本語対応も始めたことから、日本国内のユーザーも増えています。※2018年3月現在、日本語表示はされていません。

サービス名Binance
サービス開始時期2017年7月
運営会社Binance
CEOChangpeng Zhao
会社設立2017年7月
本社所在地香港

世界最大の仮想通貨取引所

世界最大の取引所であるBinance(バイナンス )は日本だけではなく世界中の投資家から注目を集めている取引所になります。

人気が出すぎて口座開設の申し込みが殺到し、取引所への新規登録の受付を一時的に中止した過去があります。

Binance(バイナンス)の簡単な経歴と創業者について

Binance(バイナンス)は2017年7月に設立されたばかりの比較的まだ新しい仮想通貨取引所です。

ICOで発行した独自コインの価値をうまくブームに乗せることで多額の資金を調達する事に成功し、たった半年という短い期間で世界最大の取引高を誇る仮想通貨取引所に成長しました。

また、Binance(バイナンス)の創業者兼CEOのジャオ・チャンポン(趙長鵬 / Changpeng Zhao)氏は、世界の仮想通貨長者ランキングで第3位にランクインするほどの人物 で、資産総額は11〜20億ドル(約1195〜2170億円)もあると言われています。

またこれだけの資産家なのに車やヨットそして高級時計などにも興味がなく贅沢を好まない人物で、上海にある家を手放して財産を全てビットコインに交換したという印象的なエピソードもあります。

取引手数料が安い

バイナンスは取引手数料が圧倒的に安いことでも有名です。

バイナンスは通常の取引手数料は0.1パーセントという数値で設定されており、なおかつBinance(バイナンス )独自のトークンであるBNBを利用するとさらに安い0.05パーセントという手数料で取引が可能です。

大手の取引所は基本的に約0.2パーセント前後の手数料が発生するので、バイナンスを利用すれば約4倍くらいお得になりますね。

仮想通貨を大きい金額で頻繁に取引する方は利用するべき取引所の一つです。

ポテンシャルの高い仮想通貨を購入できる

Binance(バイナンス )ではまだ注目度が低く投資対象として非常にポテンシャルの高い仮想通貨を購入する事ができます

ビットコインはすでにある程度の知名度があり価格も高騰しているため、投資をしても得られるリターンは低くなりがちです。

人気がないアルトコインは価格が低いため、うまく軌道にのっていけば一気に100倍以上も価値が上昇するような可能性もあります。仮想通貨にも投資が可能です。

投資で得られる利益を増やしていくには、こういった草コインと言われるマイナーな仮想通貨を発見して早い段階で投資していけるかが大切なポイントの一つになります。

Binance( バイナンス )の強み・特徴

Binanceアドバンテージ

圧倒的な仮想通貨の品揃え!

先ほどの「ポテンシャルの高い仮想通貨を購入できる」という項目とも関連しますが、Binance(バイナンス )は取り扱っている仮想通貨の種類が100種類以上と圧倒的に多いです。

かなりマイナーな仮想通貨を購入できる事もサービスの人気の理由の一つになっています。

そしてまだマイナーで有望なアルトコインを購入できる事はもちろんですが、一つの取引所でたくさんの種類の仮想通貨を購入できるというメリットもあり、Binance(バイナンス )を利用すれば取引の手間をできるだけ小さく抑えることができます

ちなみに日本国内の取引所ですとCoincheck(コインチェック)が一番取り扱いの種類が多いですが、それでも全部で10種類となり、Binance(バイナンス )に比べると数だけの面で見れば圧倒的に差があるのが現状です。

※ Coincheck(コインチェック)は現在取引を停止中です。

利用者の投票によって上場する仮想通貨が決定される

Binance(バイナンス )は上場する仮想通貨をユーザーの投票によって決定している事も特徴の一つです。

仮想通貨が上場すれば価格が上昇していく可能性が高くなり、上場直後のタイミングは特に価格が上昇しやすくなるため、自分の推している種類の仮想通貨を上場させることができれば大きな利益を得られる可能性が高くなります。

上場させる仮想通貨の種類を決定する投票は毎月一回のペースで行われており、投票に参加するためにはバイナンス独自のトークンであるBNBが必要になります。

全てのハードフォークに対応しスピードも早い

Binance(バイナンス )は全てのハードフォークに対応することを宣言しています

その対応スピードが早いことも注目のポイントになります。ちなみにハードフォークとは、ある特定の仮想通貨の運用ルールをそれまでの形から新しいものへと変更する事(ビットコインが派生していってライトイニングビットコインなどの種類が誕生する事)で、ハードフォークが行われると古いルールの仮想通貨と新しいルールの仮想通貨が共存していくことになります。

こういったルールに対して、Binance(バイナンス )の場合は、ハードフォークが行われる古いルールの仮想通貨をで所持していれば、それをもっているだけでボーナスとして自然と新しい仮想通貨が付与されることになっています。

ハードフォークによる付与の恩恵を授かるためだけにBinance(バイナンス )へ登録する人も多いです。

ビットコインが分裂!分裂してできたBTC(フォークコイン)や今後のハードフォーク情報をまとめて紹介!

2017.12.16

Binance( バイナンス )はどんな人におすすめなの?

Binanceチャート画面

ここまで紹介してきた内容を踏まえるとBinance(バイナンス )は主に以下のような人にオススメの取引所となります。

  • 世界最大の取引所+取引手数料が安い+ 全てのハードフォークに対応していてスピードも早い
    できるだけ安全かつお得に、仮想通貨を購入したい初心者におすすめ
  • 取り扱っている種類が多くポテンシャルの高い仮想通貨を購入できる + 利用者の投票によって上場する仮想通貨が決定される
    本格的に仮想通貨投資を行なっていきたい人におすすめ

取引手数料が世界でも圧倒的に安い事に加えて、全てのハードフォークに対応している事から、Binance(バイナンス )はこれから本格的に仮想通貨投資をしていきたい人は登録しておくべき取引所といえます。

そして取り扱いの種類が多くマイナーでポテンシャルが高い種類の仮想通貨を購入できる事や、自分が推している仮想通貨に投票ができる事が何よりも重要なバイナンスならではのポイントになります。

初心者はもちろんですが本格的に仮想通貨投資を行なっていく場合もBinance(バイナンス )は外すことのできない取引所といえます。

ビットコインが分裂!分裂してできたBTC(フォークコイン)や今後のハードフォーク情報をまとめて紹介!

2017.12.16

Binance( バイナンス )のアプリについて

Binance UI app

Binance(バイナンス )ではスマホにダウンロードして無料で利用できるアプリをリリースしています。

Binance HODL Cryptopia

Binance HODL Cryptopia
無料

海外取引所の場合、そもそもアプリがなかったり使い勝手の評価があまり高くないケースも多くありますが、Binance(バイナンス )のアプリに関しては世界最大の取引所という事も あり高評価の意見が多く目立ちます。

現状アプリストアからダウンロードできるのはAndroidバージョンのみになっており、iphone用のアプリはAppstoreからではなくBinance(バイナンス )のサイトから直接ダウンロードする形になっているので注意が必要です。

バイナンス(Binance)スマホアプリの設定・使い方を解説

2018.01.27

Binance( バイナンス )に関するQ&A

セキュリティーやサポート体制について

バイナンスはユーザーの要望に対応するスピードが早くユーザーからの評価も全体的に高い事から、技術的なサービスレベルも高い取引所であると予想できます。

ただし急激なスピードで世界一の取引所に成長した事から、今後ハッカーの攻撃の対象になってしまう可能性は十分にあります。

資産の管理について、ハードウェアウォレットを使うなどして、自分自身のセキュリティ対策しておくことが重要です。

サポート体制については、現在Binance( バイナンス )ではサービスの日本語表記を一時的に中止しており、Binance( バイナンス )で取引をするためには英語を理解する必要があります。難しい英語はありませんし、直感でわかるようなUIになっています。

本人確認なしでもトレードができるって本当?

バイナンスではメールアドレスとパスワードを設定するだけでサービスへ登録できるようになっています。

本人確認の手続きが完了していなくても24時間以内の引出額が2BTC以下であれば取引が可能です。

更に本人認証が完了すると100BTCまで引出ができるようになります。

Binance( バイナンス )の登録方法

Binance(バイナンス)概要・登録方法・使い方をわかりやすく解説

2017.12.01

まとめ

Binance(バイナンス )は取引手数料が他の取引所よりも特別低い設定になっているため、本格的に仮想通貨投資で稼ぎたい人などトレードを頻繁に行う人におすすめします。

そして何より、取り扱っている種類が多くポテンシャルの高い仮想通貨を購入できる事、そして利用者の投票によって上場する仮想通貨を決定できるという事が嬉しいですね。

マイナーな仮想通貨銘柄の購入してみたい人、日本の取引所だけでは物足りない人は口座開設してみてはいかがでしょうか。

Binanceの公式サイト(登録)はこちらから↓

ビットコインが分裂!分裂してできたBTC(フォークコイン)や今後のハードフォーク情報をまとめて紹介!

2017.12.16
取引所ランキング

1位 bitbank詳しく知る

bitbank(ビットバンク)仮想通貨取引所

アルトコインの取引が無料!

ハッキング対策で全通貨オフラインのコールドウォレットを採用していて、顧客資産の保護を最優先としている。リップルなどの通貨をお得に取引できる取引所。

2位 bitFlyer詳しく知る

bitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨取引所

BTC出来高No.1!

取引量が圧倒的に多いので、安心安全に取引が可能。FX取引も可能で、レバレッジ取引で取引したい人におすすめしたい取引所。

3位 DMM Bitcoin詳しく知る

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)仮想通貨取引所

アルトコインでレバレッジ取引が可能!

取引所の利用が初めての人でも使いやすいと評判の取引所。アプリからは多数のテクニカル指標を利用可能。

4位 Zaif詳しく知る

Zaif(ザイフ)仮想通貨取引所

コイン積立がオススメ!

ビットコイン手数料がマイナスで、全体的に手数料が良心的な取引所。たまにサーバーが落ちるなど少し不安なところも。

5位 GMOコイン詳しく知る

GMOコイン仮想通貨取引所

様々な手数料が無料!

東証一部上場のGMOインターネットが運営している取引所。アプリのビットレ君に使いやすいと定評があり、今勢いのある取引所。

番外 Binance詳しく知る

Binance仮想通貨取引所

取引高世界1位に輝いた世界最大の取引所!

豊富なアルトコインを扱っており、人気投票システムを採用し、扱う仮想通貨の種類も常に増えている取引所。