仮想通貨アプリ「コイン相場」の使い方を徹底解説!

今回は仮想通貨関連の情報収集に便利な「コイン相場」というスマホアプリをご紹介いたします。

スマホアプリ「コイン相場」とは?

スマホアプリ「コイン相場」は日本を拠点にしているCOINJINJAが提供しています。

仮想通貨関連の役に立つ様々な機能が備わった仮想通貨総合スマホアプリです。

仮想通貨に関する様々な相場情報が一覧で見れたり、APIを使った取引やポートフォリオ管理や便利なウィジェット機能や自分で選んだ仮想通貨の銘柄ごとの相場表示や仮想通貨関連のニュース、ICOの情報が簡単に取得できます。

無料なのに広告がありませんので、変なバナーをクリックしてしまうこともなくストレスなく使えます。

そして日本語に完全対応しているのも嬉しいですね。

早速ダウンロードして利用してみましょう。

ダウンロード・インストール方法

まずは下記のURLかAppStoreから「コイン相場」を検索し、ダウンロードしましょう。

 iPhone版 アンドロイド版

コイン相場App検索

ダウンロードしたアプリをタップして利用してみましょう。

コイン相場アプリ

コイン相場の機能と使い方

とても便利でかなりオススメなスマホアプリなんですが、機能が多いので初心者には使いこなすのが難しいかもしれません。こういったアプリは自分でさわってみて、使用感を確かめてみると良さがわかると思います。

今回はコイン相場の機能やその使い方や特徴、メリットなどをご紹介いたします。

ウォッチリスト機能(仮想通貨銘柄の相場を監視できる)

ウォッチリストでは、自分の選んだ銘柄の取引所ごとの現在価格を見ることができます。

まずは右上の+マークをタップしましょう。

コイン相場説明

仮想通貨の選択画面となりますので、①取引所を選択し、②登録したい仮想通貨の為替を選択します。③右上の「完了」をタップします。

以下の画像のように、zaifの現在のビットコイン、日本円のレートが表示されるようになりました。

順番は上下にスワイプして変更することができるので、優先度の高いものから順に配置できますね。

コイン相場レート

 

ウィジエット機能(スマホアプリを開かなくても相場が見れる)

スマホアプリを開かずに銘柄の相場が見れるウィジエット機能はとても便利です。

コイン相場ウィジェット

ウィジエット機能で使いやすいと有名なのはコインチェックですが、あくまでコインチェックの銘柄しか見れないので歯がゆい部分もありますよね。コイン相場のウィジェット機能は自分でウォッチリストに加えた銘柄が表示されるので、自分の好きなように銘柄のアレンジが可能です。円表示にもできて、ほぼコインチェックのウィジェットと似ているので、今までコインチェックのウィジェットに慣れていた方でも問題なく使えます。

私は今まではBlockfolioを使って気になる銘柄を監視していたのですが、スマホアプリも開かずにお気に入り仮想通貨銘柄の相場情報が見れるので、今ではコイン相場を使って確認することが多くなりました。

※ウィジェット機能はiPhone版のみの機能になります。

マーケット(仮想通貨市場の情報が得られる)

仮想通貨市場全体の価格変動率一覧や上昇率ランキング・下落ランキングなどを見ることができます。

ニュース(自分で選択した仮想通貨関連カテゴリ記事が読める)

相場情報の収集は多くのアプリでも可能かと思いますが、「コイン相場」が優れているのは、仮想通貨の情報収集アプリとしての側面です。

画面下部右から3番目の「ニュース」をタップすると、速報やニュース、コラムの情報が表示されます。

コイン相場ニュース

さらに、右上の+マークをタップすることで、好きな仮想通貨関連のカテゴリ情報に絞ってニュースを取得することも可能です。

例えばリップル(XRP)を選択すると、リップルのニュースの一覧が表示されます。新しいニュースから時系列に表示されるので、情報が飛びかう仮想通貨の世界ではとくに役に立ちます。

コイン相場ニュースカテゴリ

この画面で右上の「+追加」とあるボタンをタップすると、ニュースの一覧に追加されます。

コイン相場ニュース追加

仮想通貨ICO情報検索

このアプリですが、仮想通貨の一般的な情報をサッとあつめるのにも適していますが、ICOの情報収集にも便利です。

世界最大級の仮想通貨ICOの検索サイトの「COINJINJA」が運営・開発していることもあり、データベースの情報量はかなりのもので、一つ一つのICO情報も日本語で細かく情報が見れます。

ICOの情報が「公開前、進行中、成立」と期間ごとにまとまっていて絞り込みで詳細検索もできるので、現在公開していて将来期待できそうなICOを探してみるのもよいでしょう。

コイン相場ICO検索

スマホアプリ内から各取引所ごとの取引が可能

国内外8社のAPIを利用してコイン相場のアプリ内で取引を行うことができます

コイン相場API取引

UIも良く使いやすいので、外出先などで取引するのにとても便利です。

API連携対応している取引所(2018 2/4現在)

  • bitFlyer(ビットフライヤー)登録方法
  • Coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)登録方法
  • Bittrex(ビットレックス)登録方法
  • BigONE(ビッグワン)
  • Binance(バイナンス)登録方法
  • bitbank(ビットバンク)登録方法
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)

主要取引所との連携が可能になっているので、大体の人はこのアプリだけで取引が完結してしまいそうですね。

Bittrexなどは公式ウォレットアプリがないので、このアプリが代用になりそうです。

自動ポートフォリオ管理機能

仮想通貨の取引を行ったり、取引所間で送金したりした場合に手動で入力するのは面倒ですよね。

コイン相場のポートフォリオ機能はAPIを使って自動管理してくれます。各取引所の取引履歴も見れるのでとても便利です。

APIを設定して使うのは少し手間ですが、一度設定してしまえばあとは何もしなくていいので、好きに通貨を移動してもリアルタイムで反映されます。

コイン相場ポートフォリオ

今までBlockfolioやCryptofolioなど手動で管理する資産管理のスマホアプリがありましたが、APIを使って自動で管理するポートフォリオ機能がついたスマホアプリは今までありませんでした。ありそうでなかった機能なのでもとても重宝しています。

API連携できる取引所は先ほど説明した取引所です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スマホアプリ「コイン相場」はポートフォリオアプリとしても利用することもできますが、個人的にはマーケットの情報収集のツールとしての側面が使いやすいと感じました。

常に開発を続けており、頻繁にアップデートを行っているので、今後も新しい機能が追加されると思われます。

かなり便利なスマホアプリなので、みなさんもぜひ利用してみてくださいね。

コイン相場 of ビットコイン, 仮想通貨, ICOトークン
コイン相場 of ビットコイン, 仮想通貨, ICOトークン
無料

仮想通貨関連の役に立つオススメのWEBサービスまとめ

2018.01.19

仮想通貨投資に役立つおすすめのスマホアプリまとめ【随時更新】

2017.09.10
ランキング参加中!
バナーをポチっと応援よろしくお願いします。
気ままにつぶやいています。
フォロー宜しくお願いします。

仮想通貨情報を配信!
コインメーカーを友だち追加

アンケート実施中

おすすめの取引所

ビットコインのハードフォークコインで実績のある日本語に対応した海外取引所Binance(バイナンス)!
2017年7月より開始した新しい取引所ながら取引高世界1位に輝いた世界最大の取引所。
豊富なアルトコインを扱っており、人気投票システムを採用し、扱う仮想通貨の種類も常に増えていっています。
スマホアプリも使いやすく出先でも取引が可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者の方に1番お勧めの仮想通貨取引所がbitFlyer(ビットフライヤー)です。
ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコイン・モナコインなど主要な仮想通貨を揃えています。
ビットコイン取引量国内第1位・安心・安全な国内最大取引所・ビットコイン売買手数料が無料という理由で選ばれています。

ビットコインを頻繁に取引するならZaif(ザイフ)がおすすめです。
取引するたびに0.05%がもらえるので頻繁に取引する方はとてもお得に使えます。
モナコインも扱っており、他の取引所と比べると安く購入できます。