消えたリップルを復旧・復活させる方法!仮想通貨救済サービスのご紹介!XRPを復元して取り戻す!

失ったリップルを復旧・復活させる方法!仮想通貨救済サービスのご紹介
ブリー

こんにちは、コインメーカー編集です!

こんにちは、コインメーカー編集です!

今回は消えて取り出せなくなってしまったリップル(XRP)の復旧・復活できる方法について解説していきます。

リップルだけでなく別の仮想通貨にも対応している場合もありますので、仮想通貨関連のトラブルでお困りの方は是非参考にしてみてください。

諦めていた消えたリップルが復旧・復活!?

過去にRipple Trade(リップルトレード)からゲートハブやミスターリップルなどへの移行をしていなく移行ができない方、またはシークレットキーを紛失して、XRPが取り出せなくなって諦めていた方がいっぱいいらっしゃるのではないでしょうか?

リップル(xrp)が1円以下だった時期なので、当時10万円分購入したとしても、リップルの価格が1xrp=100円の場合は少なくとも約1000万円相当の価値があります。2017年の1月のピークの時期ですと1xrp=400円なので4000万円ということなになります。

そんなに価値が上がっているのに、IDやパスワード忘れなど、ちょっとしたミスで取り出せなくなってしまったなんて勿体無いですよね。

私の知人でも、数年前にリップルが0.6円の時に数万円ほど購入していて、5月の高騰の時に取り出そうとしたら移管ができなくて取り出せなくなってしまった方がいましたが、当時買った金額が少なかったので、まあ仕方ないと諦めていました。

私の知人のように、リップル(xrp)を昔買って、IDやパスワードを忘れてしまい取り出せなくなってしまった方に朗報です。

もしかしたら諦めていたリップル(xrp)が復活・復旧ができるかもしれません!

おすすめな仮想通貨救済サービスの「仮想通貨救済サポートCCR」をご紹介します。

仮想通貨救済サポートCCRとは?

仮想通貨救済サポートCCRは皆様の大切な暗号通貨に起きるトラブルの救済を行うサービスです。

CCRとはCrypto Currency Resecueの略称です。直訳で暗号通貨救助という意味です。

加速する暗号通貨の発展とともにウォレットの複雑化やそれらにまつわるトラブル救済に取り組みんでいて、主にリップルID・パスワード・シークレットキー紛失したウォレットの復旧、通貨取引所の閉鎖で失われたリップル救済サービスのリップルリカバーを行っています。

その他にもライトコインやエイダコインなど、様々な仮想通貨トラブルにまつわる相談を受け付けています。

100パーセント復旧できるという保証はないそうなのですが成果報酬でのお支払いですので、失敗してもお金がかかることはありませんので、安心できますね。

しかも復旧・復活した仮想通貨でのお支払いになるので、諦めていた人には1つもデメリットはありません。

コインメーカーでも元々そういった相談がありましたので、何人かご紹介していて、その中にはリップル(xrp)が復旧できた方もいます。評判的にはメールの返信が早く丁寧に対応してくれるといった声があります。

(コインメーカーから紹介した人の復旧・復活の成功率に関してはこの記事の下部で追記し随時更新していきますね。)

「まず、必要なものは信用と信頼ですがご安心下さい。全く心配する必要はありません。今までのお悩みから開放される期待を持てます。」とのことです。

仮想通貨関連でお困りの人は一度ご相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

扱っている仮想通貨通貨は?リップルなどの仮想通貨はどのようなケースなら復旧できる?

ホームページを見ると救済対応できる仮想通貨はRipple(リップル)・Litecoin(ライトコイン)・Bitcoin Cash(ビットコインmキャッシュ)・ADA COIN(エイダコイン)のようです。

  基本的にリップルの依頼が多いそうなのですが、リップル以外にも対応しているみたいです。

どのようなケースなら対応できるのか仮想通貨別で説明します。(ホームページから抜粋)

Ripple(リップル)の場合

  • リップルIDとパスワードを忘れてしまいログインができなくなった
  • シークレットキーを忘れてしまいログインができなくなった
  • Ripple Trade(リップルトレード)が閉鎖してアクセスができない
  • XRPの現金化がわからない

リップル(xrp)を復旧・救済・復活させる事ができるかもしれません。

仮想通貨救済サービスCCRでは主にリップル(xrp)の救済案件が多いそうです。

シークレットキーを忘れてしまいログインができなくなった

リップル(xrp)が現金化できない理由で一番多いのはシークレットキーの紛失、保管忘れです。

シークレットキーは、ほとんど利用する機会がないため、紛失しやすく、保管すらしていない方が多いです。

仮想通貨救済サービスCCRならシークレットキーがわからなくてもリップルID、パスワードがあれば復旧可能です。

リップルIDとパスワードを忘れてしまいログインができなくなった

リップルが現金化できない一番多い理由は、リップルIDとパスワードのを忘れてしまった場合です。

仮想通貨救済サービスCCならシークレットキーがあればすぐに復旧可能です。

Ripple Trade(リップルトレード)が閉鎖してアクセスができない

2016年にRipple Trade(リップルトレード)はサービスが終了しています。Ripple Trade(リップルトレード)にリップル(xrp)を保管していた人は他社のウォレットへの移行が必要でした。

当時、Ripple Trade(リップルトレード)からGate Hub(ゲートハブ)に移行する指示があったのですが、移動できずにリップル(XRP)を残したまま閉鎖してしまい、取り出せずにいる方がたくさんいます。

現在では、Ripple Trade(リップルトレード)にログインができないため、取引所や他のウォレットへの移管ができずに現金化ができない状況にあります。

ですが、仮想通貨救済サービスCCRならログインIDやシークレットキーがあれば復旧可能です。

※現在移管ができていない方は2016年3月までに移管できていない方が対象となるそうです。

仮想通貨救済サポートCCRへのお問い合わせはこちらから↓

Litecoin(ライトコイン)の場合

  • Walletを再インストールした際に0枚になった
  • 送金しようとしたが全く反映されない、失われたのか調べたい
  • LTCの現金化がわからない

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の場合

  • 8月1日の分岐の時に未対応の取引所やBlock Chainで管理していたので付与されていない
  • BCHの現金化がわからない

ADA(エイダコイン)の場合

  • Deadalus WalletへADAを還元する方法がわからない
  • ADAの現金化がわからない

coincheckの不正流出事件のように重大な事件が起こってしまった場合

2018年1月26日に仮想通貨のNEM(XEM)が日本円にして約620億円以上不正流出してしまう事件が起きました。

取引所が管理の甘い部分をつ狙われて悪意のあるハッカーにハッキングされてしまったことが原因です。

NEM以外にもリップル(XRP)が一時的にcoincheckで出金停止され引き出せなくなくなってしましました。

そういったトラブルでも仮想通貨救済サポートCCRに相談すれば、状況によっては解決する可能性はあります。

詳しく説明することによって解決方法が見えてきますので、仮想通貨のトラブル関連は相談してみましょう。

どのような場合に依頼すればいい?

上記に該当するのであれば、復旧・救済・復活する可能性が高いです。

相談やお問い合わせするのは無料ですので、お困りの場合は気軽にご相談してみましょう。

メール以外にも電話や実際に会ってご相談を受けるなどの対応も可能とのことです。

ただ、仮想通貨の現金化がわからないなど初歩的な問題は、なるべくネットで調べて解決しましょう。

自分で調べたり試行錯誤してみて、どうして解決できない場合に依頼することをおすすめします。(仮想通貨をやっていく以上、ある程度調べる力やリテラシーは必要ですので)

仮想通貨の復旧までの流れ

お問い合わせから復旧までの流れは以下のようになっています。

1.お問い合わせ

こちらの仮想通貨救済サポートCCR公式サイトからお問い合わせ。

2.お申し込み

提供された情報を元にお見積り後ヒアリングを開始

3.復旧作業開始

提供された情報を元に復旧作業開始

4.復旧完了

復旧された中から成果報酬を支払い完了

という流れになります。

お問い合わせから1-3週間程で、復旧・復元できるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

全てが分からないな場合やその一部は分かるけど片方が分からない場合など状況は様々です。場合によっては復活・復旧できないこともありますが、内容によりますので、復活・復旧できるか確認だけでもすることをおすすめします。

状況に合わせて対応してくれるみたいですので、リップルの復活・復旧についてお困りの人はまずは相談(お問い合わせ)してみましょう。

ご紹介した方のリップルなどの仮想通貨の復旧率は、随時この記事に追記させて頂きます。

※追記:2018年3月10日現在、コインメーカーでは3人をご紹介して1人の復旧が成功しています。

現在のコインメーカーご紹介での復旧・復活の成功率 約33%

仮想通貨救済サポートCCRへのお問い合わせはこちらから↓

※仮想通貨救済サポートCCRにお問い合わせの際はご紹介者名を「コインメーカー」としておくと話が早いです。

取引所ランキング

1位 bitbank詳しく知る

bitbank(ビットバンク)仮想通貨取引所

アルトコインの取引が無料!

ハッキング対策で全通貨オフラインのコールドウォレットを採用していて、顧客資産の保護を最優先としている。リップルなどの通貨をお得に取引できる取引所。

2位 bitFlyer詳しく知る

bitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨取引所

BTC出来高No.1!

取引量が圧倒的に多いので、安心安全に取引が可能。FX取引も可能で、レバレッジ取引で取引したい人におすすめしたい取引所。

3位 DMM Bitcoin詳しく知る

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)仮想通貨取引所

アルトコインでレバレッジ取引が可能!

取引所の利用が初めての人でも使いやすいと評判の取引所。アプリからは多数のテクニカル指標を利用可能。

4位 Zaif詳しく知る

Zaif(ザイフ)仮想通貨取引所

コイン積立がオススメ!

ビットコイン手数料がマイナスで、全体的に手数料が良心的な取引所。たまにサーバーが落ちるなど少し不安なところも。

5位 GMOコイン詳しく知る

GMOコイン仮想通貨取引所

様々な手数料が無料!

東証一部上場のGMOインターネットが運営している取引所。アプリのビットレ君に使いやすいと定評があり、今勢いのある取引所。

番外 Binance詳しく知る

Binance仮想通貨取引所

取引高世界1位に輝いた世界最大の取引所!

豊富なアルトコインを扱っており、人気投票システムを採用し、扱う仮想通貨の種類も常に増えている取引所。