仮想通貨のレバレッジ取引について解説!最大100倍で取引ができる!

▼月間XRP(リップル)取引量世界1位を達成!取引手数料0%の注目の取引所!bitbank2018情報
ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

コインメーカー

こんにちは、コインメーカー運営(@COIN_MAKER_JP)です!

取引所によって仮想通貨は現物売買のほか、レバレッジ取引も利用できるようになっています。

レバレッジ取引には倍率が存在し、この設定を変更可能な取引所であれば、ハイリスクハイリターンな取引を実践できます。

こうしたレバレッジ取引に見られる特徴や、注意点などを確かめていきましょう。

レバレッジとは?

レバレッジとは証拠金に対して2倍以上の金額を投資家に貸し出すことをレバレッジと言います。

レバレッジ取引では、日本円を証拠金にして、ロング(買い)やショート(売り)をすることができます。

最大25倍の場合、仮に1万円を証拠金として入金すれば、最大25万円分のビットコインの取引を行うことができます。

資金が少額であっても、多額の取引を実行できるのがレバレッジ効果、一般的にこれがレバレッジと呼ばれています。

ハイリスク・ハイリターンが特徴

てこの原理がレバレッジには当てはまりますので、レバレッジを効かせた場合、利用者は1回あたりの取引における利益の拡大を目指せます。

もちろん、取引においては必ずしも良い結果が出るとは限りません。

利益どころか取引で損失を出してしまえば、レバレッジの設定倍率が大きいほど損額も応じて大きくなってしまいます。

ハイリスクハイリターンな取引がレバレッジ取引、活用時にはチャート分析能力など仮想通貨に対する専門的な知識を要するとも言われています。

また、レバレッジには基本的に規定の倍率が存在し、利用者はその中から利用する倍率を選択しなくてはいけません。

仮想通貨のレバレッジ取引では3倍や5倍と設定されている仮想通貨取引所が多く、一部の取引所では10倍や15倍のほか、最大で25倍まで選べます。

日本国内では法律でレバレッジは最大25倍と定められているため、ハイリスクハイリターンな取引所を探しても25倍で横並びです。

レバレッジ25倍と聞いた場合、中にはこれを小さいと感じる人もいるでしょう。

仮想通貨のレバレッジ取引は株式とは違う

しかし、仮想通貨のレバレッジ取引は、株式などとはそもそも性質が異なります。

実際に25倍は大き過ぎるほど、3倍や5倍が仮想通貨のレバレッジ取引では適しているので気をつけてください。

仮想通貨は短期間で起こる価値の変動幅が非常に大きく、株に見られるようなストップ安やストップ高はありません。

投資を検討する際には余剰資金で行うことが大切、レバレッジ取引には現物売買と変わらずリスクがありますから慎重に利用を検討していきましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引で重要なこと

仮想通貨のレバレッジ取引を実践する上で、押さえておきたい注意点はレバレッジ倍率のほかに何があるのでしょうか?

仮想通貨のレバレッジ取引を行う目的

まずは、レバレッジ取引を行う目的があげられます。

日本国内にある仮想通貨取引所では仮想通貨FXといった信用取引がよく見られ、一部に限れば先物取引でもレバレッジを使えます。

このようなレバレッジ取引においては、取引で利益を出すことが目的なので、レバレッジ取引で仮想通貨を得ても利用者はそれを保有できません。

仮想通貨の取得を目的とする人は、レバレッジ取引ではなく取引所における現物売買を活用してください。

手数料とロスカット

次に注意しておきたいポイントは、手数料とロスカットです。

取引所では様々な手数料があり、取引所ごとに手数料の設定は違います。

口座開設手数料や口座維持手数料なら無料である場合がほとんどですが、レバレッジ手数料やロスカット手数料がかかる取引所はよく見られます。

手数料を気にする人は事前に比較検討が必要ですし、レバレッジ取引で損失を出した際にはロスカットが執行される危険も出てきます。

証拠金維持率が基準を下回ると、追証と呼ばれる状態になるか、もしくは強制ロスカットにつながります。

ロスカットを嫌がり証拠金を多めに預け入れる行為は、ただ損失が大きくなる危険が増すだけです。

証拠金維持率が危なくならないように証拠金を増やす方法を用いるよりも、単純にレバレッジ取引で購入する仮想通貨を減らす手段を選びましょう。

レバレッジ取引で活用できる通貨ペア

仮想通貨取引所をチェックすると、レバレッジ取引で活用できる通貨ペアには違いがあることが分かります。

国内の取引所なら、日本円とビットコインのレバレッジ取引が代表的です。

ビットコイン以外のアルトコインも一部の取引所では利用できますが、まだまだ対応しているアルトコインは限られています。

対して、アルトコインのレバレッジ取引を行いたい場合、海外の仮想通貨取引所があっています。

対応しているアルトコインの種類が基本的に多く、レバレッジ倍率についても最大100倍まで選べたりします。

ただし、日本円の出入金に海外取引所はほぼ対応していないので、代わりにビットコインを使用する必要があります。

海外の取引所を利用するのなら、あらかじめ国内の取引所で口座開設を行い、日本円とビットコインの取引を先に行っておきましょう。

まとめ

仮想通貨の取引では、現物売買以外にレバレッジ取引も活用できます。

レバレッジには倍率があり、3倍から5倍が原則、最大25倍まで選べますが、倍率が増えるほど当然ハイリスクハイリターンになるので注意してください。

証拠金維持率が基準を下回るとロスカットの危険性が発生、ロスカットを避けたい人は取引する仮想通貨をそもそも減らす手段がおすすめです。

国内では最大25倍のレバレッジな一方で、海外取引所ではレバレッジ100倍まで提供され、揃っているアルトコインの種類も多くなっています。

入金の段階で日本円に対応していない海外取引所の場合、日本円の代わりにビットコインを役立てていきましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所

仮想通貨のレバッジができるおすすめの取引所をまとめました。

気になる方は下記の記事をご参照ください。

取引所ランキング

1位 bitbank詳しく知る

bitbank(ビットバンク)仮想通貨取引所

アルトコインの取引が無料!

ハッキング対策で全通貨オフラインのコールドウォレットを採用していて、顧客資産の保護を最優先としている。リップルなどの通貨をお得に取引できる取引所。

2位 bitFlyer詳しく知る

bitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨取引所

BTC出来高No.1!

取引量が圧倒的に多いので、安心安全に取引が可能。FX取引も可能で、レバレッジ取引で取引したい人におすすめしたい取引所。

3位 DMM Bitcoin詳しく知る

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)仮想通貨取引所

アルトコインでレバレッジ取引が可能!

取引所の利用が初めての人でも使いやすいと評判の取引所。アプリからは多数のテクニカル指標を利用可能。

4位 Zaif詳しく知る

Zaif(ザイフ)仮想通貨取引所

コイン積立がオススメ!

ビットコイン手数料がマイナスで、全体的に手数料が良心的な取引所。たまにサーバーが落ちるなど少し不安なところも。

5位 GMOコイン詳しく知る

GMOコイン仮想通貨取引所

様々な手数料が無料!

東証一部上場のGMOインターネットが運営している取引所。アプリのビットレ君に使いやすいと定評があり、今勢いのある取引所。

番外 Binance詳しく知る

Binance仮想通貨取引所

取引高世界1位に輝いた世界最大の取引所!

豊富なアルトコインを扱っており、人気投票システムを採用し、扱う仮想通貨の種類も常に増えている取引所。