ビットコインや仮想通貨のマイニング(発掘)について解説

▼月間XRP(リップル)取引量世界1位を達成!取引手数料0%の注目の取引所!bitbank2018情報
ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

コインメーカー

こんにちは、コインメーカー運営(@COIN_MAKER_JP)です!

仮想通貨取引所の利用や個人間取引など、仮想通貨は様々な手段で手に入れることができます。

中でも仮想通貨を入手する方法として知られているのが、仮想通貨のマイニングです。

マイニングとはどのような方法なのか、実行するために要することや、マイニングで儲けられるのかなどを考えてみましょう。

マイニングとは?

採掘や発掘といった意味を持つ言葉がマイニングで、仮想通貨におけるシステムの維持や運営に協力することを一般的にマイニングと呼びます。

マイニングの仕組み

マイニングを行ったユーザーは報酬を得られ、その報酬は該当する仮想通貨の新規発行になっています。

市場に出ていない新しい仮想通貨をマイニングによって発行させることは、採掘で鉱石を掘り当てることに近いと言われます。

そのため、このような一連の作業を、マイニングという名称で呼ぶことが定着しています。

ユーザーが新規発行の仮想通貨を得られるため、ユーザーだけにメリットがあるようですが、実は仮想通貨にとってマイニングは不可欠な作業です。

システムの健全な維持と運営にはどうしてもマイニングの作業が必須、マイニングを行うユーザーがいなくなれば仮想通貨は機能しなくなってしまいます。

マイニングをする目的

報酬として発生する仮想通貨しか、基本的にビットコインなどの仮想通貨において新規発行をもたらす手段はありません。

アルゴリズムで発行量が調整されているカレンシータイプは、いずれもこれが該当します。

発行量に上限が定められている場合でも、上限に達するまでマイニングを根気よくユーザーが続けていかなくてはいけません。

実際にビットコインを確認してみると、マイニングの作業で上限まで新規発行が終わるのは、何と2142年頃と想定されています。

もちろん報酬目的でこのようなマイニングを行うユーザーがほとんどです。

マイニングをすることで仮想通貨の今後に貢献できる

マイニングを通して仮想通貨の維持に協力していくのも、仮想通貨の今後に期待するのであれば大きな貢献になります。

というのも、マイニングへの参加が一部の人に限られてしまえば、それを悪用できてしまうからです。

マイニングは51パーセント攻撃が有名、悪意ある集団がマイニングにおいて間違った正解でもそれが正しいと結論すれば、それはそのまま承認されます。

不正に加担する人が全体の51パーセントを超えないように、可能な限りマイニングに挑戦するユーザーが多いことが望ましいのです。ビットコインほど知られている仮想通貨なら、マイニングの参加者は不足しません。

ところが、人気が無いアルトコインなどは依然として51パーセント攻撃のリスクが指摘されています。

これからマイニングを始める方へ

仮想通貨のマイニングは簡単に全てが完了する内容ではなく、これから新しくマイニングを開始しても十分過ぎるほど間に合います。

それではマイニングを実行する場合、どのようなことが必要なのでしょうか?

マイニングマシーンを使用する

まず、マイニングでは、ブロックチェーンにおける各ブロックのナンスやハッシュを計算して求める作業を行っていきます。

この計算作業は複数の企業や個人が同時に行い、計算作業が早い人ほど報酬は大きくなります。

レースや多数決のような作業がマイニング、計算を個人など誰かひとりが単独で担うわけではないので注意してください。

マイニングはあくまでも早い者勝ち、報酬を得るためにはほかのユーザーに負けない計算能力が必要になってきます。

ですから、マイニングを行う際には、基本的にハイスペックマシンを保有していることが最低条件です。

一般的なコンピューターしか持っていないのなら、それを専用にカスタマイズしなければ効果的なマイニングは実現できません。

せっかくマイニングを行っても報酬は微々たるものになり兼ねず、実際には高性能の機材を揃えた企業などがマイニングの実践で利益を得ています。

個人でマイニングで儲けるには

個人では果たしてマイニングで儲けることはできないのでしょうか?

マイニングを検討する場合、何よりもはじめに儲けるための条件を満たせるかどうかがポイントになるでしょう。

ハイスペックマシンはそもそも高価ですし、マイニングに適したコンピューターにカスタマイズする際にも費用がかかります。

準備に要する費用以上の利益を得られなければ、マイニングを始めても損失を残す結果につながってしまいます。

電気代より報酬が多くならなければならない

もうひとつ、マイニングの計算作業を続けている間、コンピューターやマシンは稼働を止められません。

稼働によって電気代が発生しますから、この電気代を報酬で貰える仮想通貨でカバーする必要も出てきます。

電気代よりも利益が少なければ、計算能力が未だ足りていない可能性が考えられます。

そうなれば、更にコンピューターのカスタマイズなどを行わなくてはいけません。

マイニングを実践するときには、事前に要する費用や電気代を超える利益を出せるのかなど、マシンの性能とあわせて判断していきましょう。

まとめ

マイニングは採掘や発掘といった意味がある言葉で、仮想通貨の維持と運営に欠かせない作業を示します。

ユーザーがマイニングに参加した場合、仮想通貨の新規発行を報酬として受け取れます。

ただし、マイニングはレースと多数決があわさったような仕様なので、マイニングで利益を得るには相応の計算能力を備えるマシンが必要です。

マシンの稼働時には電気代も発生するため、マシンにかかる費用と電気代を踏まえて実行するかを決めましょう。

取引所ランキング

1位 bitbank詳しく知る

bitbank(ビットバンク)仮想通貨取引所

アルトコインの取引が無料!

ハッキング対策で全通貨オフラインのコールドウォレットを採用していて、顧客資産の保護を最優先としている。リップルなどの通貨をお得に取引できる取引所。

2位 bitFlyer詳しく知る

bitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨取引所

BTC出来高No.1!

取引量が圧倒的に多いので、安心安全に取引が可能。FX取引も可能で、レバレッジ取引で取引したい人におすすめしたい取引所。

3位 DMM Bitcoin詳しく知る

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)仮想通貨取引所

アルトコインでレバレッジ取引が可能!

取引所の利用が初めての人でも使いやすいと評判の取引所。アプリからは多数のテクニカル指標を利用可能。

4位 Zaif詳しく知る

Zaif(ザイフ)仮想通貨取引所

コイン積立がオススメ!

ビットコイン手数料がマイナスで、全体的に手数料が良心的な取引所。たまにサーバーが落ちるなど少し不安なところも。

5位 GMOコイン詳しく知る

GMOコイン仮想通貨取引所

様々な手数料が無料!

東証一部上場のGMOインターネットが運営している取引所。アプリのビットレ君に使いやすいと定評があり、今勢いのある取引所。

番外 Binance詳しく知る

Binance仮想通貨取引所

取引高世界1位に輝いた世界最大の取引所!

豊富なアルトコインを扱っており、人気投票システムを採用し、扱う仮想通貨の種類も常に増えている取引所。