COMSA(コムサ)Zaifが手がけるICOプラットフォームの解説

2017年8月3日、あのZaifを運営するテックビューロからリリースされた「COMSA」が今話題となっていますが、どのようなものなのでしょうか。

全くよくわからない方もいるかと思うので、今回はCOMSAについて基本からわかりやすくまとめてみました。

COMSAとは

COMSAとは上記で述べたようにテックビューロが提供するICOのためのプラットフォームです。

VALUEが個人のための資金調達の場ならば、COMSAは企業のための資金調達の場と言えるでしょう。

これまでは企業がICOをしたくても法的、技術的ハードルが高かったため、ICOをしづらい現実がありましたが、

COMSAの登場により、多くの企業がICOがCOMSAを利用してICOをするのではないかと考えられます。

そもそもICOって?

ここで「ICOってなに?」という方もいるかと思いますので、解説してみたいと思います。

ICO(イニシャルコインオファリングス)、これは「仮想通貨発行による資金の調達」を意味します。

具体的に言うと、これまでは「起業するために資金調達したい!」

と思っても、株式の発行や銀行、ベンチャーキャピタルによる融資などからしか資金調達できませんでした。

融資のためのプレゼンやビジネス計画の詳しい説明が求められる上に、

少なからずリスクもあったわけです。

しかし、ICOの登場により、より簡単に、ビットコインを利用する個々人から資金調達することが可能となりました。

COMSA自身もICOをする予定

まずはCOMSAの発足に伴って、COMSAそのものがICOを行う予定です。

その際に、投資する個人は、ビットコイン、イーサリアム、NEMの3つのコインのどれかを利用して、

CMSトークンという新たな仮想通貨を購入します。
(株式会社なら、株式購入にあたる部分と考えてください。)

CMSトークンはそれ自体zaifで売り買いできるもので、さらにCMSトークンをもっていると、

以後行われる他の企業のICOの際に、「5パーセントボーナスがついて購入できる」などの特権が得られます。

例えば、今後株式会社プレミアムウォーターホールディングズ、株式会社CAMPFIREの2社がCOMSAプラットフォーム上でICOを予定していますが、この2社のICOに支払いをする際に、COMSAトークンを保有していると5%お得に取引できると言えます。

COMSAのトークンセールは10月2日に行われるそうで、今も事前登録ができます。


登録方法は非常に簡単です。COMSAのWEBサイトまで行き、メールアドレスとパスワードを入力、「登録」ボタンをクリックすればメールが届きます。

届いたメールに記載されているURLをクリックすれば登録は完了です。

3COMSAの与える影響は?

日本発のICOプラットフォームということで、今後資金調達を考えている

国内企業には良い追い風となりそうです。

投資する側としても、一獲千金を狙える可能性もあります。例えばCOMSAに限らずICO全般の話しにもなりますが、イーサリアムはプレセール時から約2000倍の価値となっています。プレセール時に数万でも買っていれば今頃莫大な額に成長していたと言えます。

しかし、資金調達するだけして結果を出さない企業がある可能性はもちろん考えられます。ハイリスク・ハイリターンな投資と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

発展速度が速すぎて追いついていくのが大変なビットコインの世界ですが、個人や体力の少ない企業でもビジネスに参加できるような仕組みがどんどん生まれていくことは非常に喜ばしいことですね。

日本初のICOプラットフォームCOMSAに興味がわいたなら、是非ICOに参加してみてくださいね。

COMSAトークンセールの事前登録はこちらより

コムサ公式サイト

https://comsa.io/ja/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です