ベネズエラの仮想通貨「ペトロ(Petro)」特徴やICOについて解説

2018年2月20日にプレセールがはじまったベネズエラの仮想通貨「ペトロ(Petro)」についてご紹介いたします。

ベネズエラ仮想通貨「ペトロ(Petro)」って?

ベネズエラ、ニコラス・マドゥロ大統領によって発行が推し進められているICO です。

ペトロは国家が発行する初めての仮想通貨です。

価格は1ペトロ60米ドル(約6500円)で、この金額は原油1バレルに相当します。

通貨の特色としては、 NEMブロックチェーン上で利用される こと、物品やサービスの購入、税金の支払いに利用される予定などが盛り込まれています。

ベネズエラの深刻な経済危機によって生み出された

現在ベネズエラの経済状況は深刻です。

債務不履行を繰り返しアメリカから経済制裁を受け、さらに「コーヒー一杯に4万5000ボリバル」といった異常なハイパーインフレ に陥っています。

自国から噴出する石油を利用し輸入品を購入していましたが、ここ数年石油価格が低下していることが原因の一つ です。

crypto-ptr

出典:世界経済のネタ帳

今回のICOは深刻な経済状況に陥っているベネズエラが考え出した苦肉の策とも言えるでしょう。

初日で7億3500万ドル(約785億円)調達

2月20日開始したプレセールですが、すでに初日で約785億円相当の金額を調達したと発表されました。

ベネズエラ仮想通貨「ペトロ」を購入するには?

公式サイト がありますので、そちらをチェックするのがよいですね。

Petro公式サイト

しかし、サイトはまだ英語化が完全ではないようですので、スペイン語に通じていないと、難しい所もあるかと思います。

また、ホワイトペーパー内に、「offered to the market in two stages: a private pre-sale and a public Initial Offer」とありますので、プレセールについては一般公開 されないのでしょう。

Prtroホワイトペーパー

具体的な日程や内容については以下にまとめてみました。

プレセール

  • プライベート(限定)
  • 2018年2月20日~3月19日
  • 3840万ペトロ(全体の38.4%)

イニシャルオファー

  • パブリック(一般公開)
  • 2018年3月20日~売り切れまで
  • 4400万ペトロ(全体の44%)

割引率について

割引率については少し複雑なのですが、簡単に言うと(プレセールを含め)はじめ30%割引で売り出され、一定量 売れていく毎に徐々に割引率が減っていき 、最終的には割引率が0%までさがるというものです。

60%割引としているメディア様、サイト様もあるのですが、これはベネズエラ政府顧問アドバイザーの意見で、ホ ワイトペーパーからの情報ではないようです。

参考:REUTORS

信頼性については?

ICO界隈では散々耳にタコができるほど聞かされているかもしれませんが、このベネズエラ政府仮想通貨 「ペトロ」も詐欺であるという可能性は十分にあります。

いくら政府が公認の仮想通貨を作り出すといっても、そもそもが経済的に困窮している政府ですし、政府は 「石油を担保に通貨を発行する」としていますが、 実際に通貨と石油との交換は保証していません。

そして、上述の「初日で785億円相当を調達した」という発表も実は裏付けはありません。 (マドゥロ首相の一人 芝居という可能性も・・・)

もしあなたが「ペトロを購入したい」という方であるならば、リスクがあることをしっかりと認識しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

遠い国のお話のようですが、オンラインを通じてすぐにICO情報収集、ひいては通貨購入まで進める(ペトロにつ いてはまだですが)のは仮想通貨の良いところですね。

一般公開されるイニシャルオファーはまだ開催されていませんが、気になる方はぜひ公式サイトを見てみてくださいね。