コインチェック(coincheck)概要・登録方法をわかりやすく解説

コインチェック(coincheck)概要・登録方法をわかりやすく解説

※2/11現在、NEMの不正流失の件でコインチェックは登録できません。

ビットコインの大手取引所は「coincheck」「bitflyer」「zaif」と3つほど

ありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

今回はそのうちのひとつ「coincheck(コインチェック)」について調べてみました。

coincheckとは?

coincheckとは「bitflyer」、「zaif」のような大手仮想通貨取引所の1つです。

デザインがシンプルで初心者でも扱いやすく、24時間取り引きが可能です。

【2018年徹底解説】Coincheck(コインチェック)特徴・評判をわかりやすく解説

2018.03.09

運営はどこ?

coincheckの運営は2012年に設立されたレジュプレス株式会社という企業がはじめましたが、現在はコインチェック株式会社と名前を変えています。

株式会社世界、DMM.com、イーサネットワークシステムズ等と提携して、コインチェックを利用した電気料金支払いや不動産投資などさまざまな事業に多角的に力を入れています。

特徴

coincheckの特徴、主なサービスについて調べてみました。

最も多くの種類の仮想通貨を扱っている

後述しますが、coincheckは他ビットコイン取引所の中では最も多くの仮想通貨を取り扱っています。

実験的に色々な通貨を買ってみたい人や、coincheckでないと取り扱っていない通貨を購入したい人にもオススメできます。

coincheckでんき

coincheckでんきなど、様々なサービスが利用できます。

coincheckでんきでは、電気料金の支払いをビットコインで決済でき、さらにビットコインで還元してもらえます。

ビットコイン寄付

少額決済に向いている点、海外送金が簡単な点などから、ビットコインを通じて簡単に送金、受取でき、透明性の高い寄付手段となることが期待されています。

現状は活発に利用されているわけではないようですが、テクノロジーを使った新しい取り組みとして期待できそうですね。

coincheckの取り扱い通貨について

coincheckで現在取り扱いのある主要通貨は下記のようになっています。

  • Bitcoin(ビットコイン)

  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

  • Ethereum(イーサリアム)

  • Ether Classic(イーサリアムクラシック)

  • Lisk(リスク)

  • Factom(ファクトム)

  • Monero(モネロ)

  • Augur(オーガー)

  • Ripple(リップル)

  • Zcash(ジーキャッシュ)

  • NEM(ネム)

  • Litecoin(ライトコイン)

  • DASH(ダッシュ)

他の大手2取り扱い所に比べても格段に種類が多いようですね。

それぞれの通貨についての詳しい説明は

「仮想通貨・ビットコインに関するQ&A」

https://coincheck.com/faq/category/cryptocurrency

が参考になります。

本人確認方法は?

coincheckでは本人確認をすると1日50,000円を超える出金など、様々な機能の利用が可能になります。

さて、coincheckの本人確認手続きはどのようになっているのでしょうか。

詳しい申請方法はcoincheckのFAQがあるので、参考にしてみてください。

https://coincheck.com/faq/684

こちらでは大まかな方法を簡単に説明したいと思います。

電話番号登録

ネット上から携帯電話番号を登録します。

すぐにSMSでコードが携帯に送られてきますので、そのコードをcoincheckの携帯番号認証ページで打ち込みます。

本人確認書類登録

まず、こちらのそれぞれの書類を読んだことを表すチェックボックスをそれぞれチェックします。

チェックし、次の画面に進むと、以下のような「本人確認書類を提出する」ボタンが現れますので、クリックして先へ進みます。

下記事項を確認した上で、

必要事項、本人確認書類(パスポートや運転免許証など)、IDセルフィー(提出書類と本人が一緒に映っている写真)等を携帯で撮った写真を画像データとしてアップロードすることで、認証されます。

その後、本人確認ハガキが郵送されてきますので、それを受け取れば完了です。

zaifではIDセルフィーが求められないなど、各取引所によっても登録方法にそれぞれ違いがあるようですね。

本人確認ハガキが届かなくても入金できる裏技

本人確認のハガキ来なくて、仮想通貨が買えないと思っていませんか?

コンビ二入金でしたら、本人確認する前に入金することができます。

出金はできませんし、入金手数料は高いので、今購入したい!って方以外はおすすめはしません。

デメリット

デメリットとしては、以前はログインさえ出来てしまえば簡単に送金が出来てしまう、といったようにセキュリティ体制に問題があるようでしたが、2017年6月6日のアップデートによりかなり改善されたようです。

日進月歩のビットコイン業界においては、完璧なセキュリティなどは難しいですし、新たな技術が生まれれば、すぐにその技術を破るような手法が発見されてしまいます。

ビットコインも大事な資産と考えると、常に新たな情報を得ることでセキュリティ面にも気を配りたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結論としては、coincheckは下記のような方にオススメできるかと思います。

多くの種類の仮想通貨に手を出してみたい

coincheck独特のサービスを利用してみたい

【2018年徹底解説】Coincheck(コインチェック)特徴・評判をわかりやすく解説

2018.03.09
気ままにつぶやいています。
フォロー宜しくお願いします。
コインメーカーをフォロー

仮想通貨情報を配信!
コインメーカーを友だち追加

取引所ランキング

1位 bitbank詳しく知る

bitbank(ビットバンク)仮想通貨取引所

アルトコインの取引が無料!

ハッキング対策で全通貨オフラインのコールドウォレットを採用していて、顧客資産の保護を最優先としている。リップルなどの通貨をお得に取引できる取引所。

2位 bitFlyer詳しく知る

bitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨取引所

BTC出来高No.1!

取引量が圧倒的に多いので、安心安全に取引が可能。FX取引も可能で、レバレッジ取引で取引したい人におすすめしたい取引所。

3位 DMM Bitcoin詳しく知る

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)仮想通貨取引所

アルトコインでレバレッジ取引が可能!

取引所の利用が初めての人でも使いやすいと評判の取引所。アプリからは多数のテクニカル指標を利用可能。

4位 Zaif詳しく知る

Zaif(ザイフ)仮想通貨取引所

コイン積立がオススメ!

ビットコイン手数料がマイナスで、全体的に手数料が良心的な取引所。たまにサーバーが落ちるなど少し不安なところも。

5位 GMOコイン詳しく知る

GMOコイン仮想通貨取引所

様々な手数料が無料!

東証一部上場のGMOインターネットが運営している取引所。アプリのビットレ君に使いやすいと定評があり、今勢いのある取引所。

番外 Binance詳しく知る

Binance仮想通貨取引所

取引高世界1位に輝いた世界最大の取引所!

豊富なアルトコインを扱っており、人気投票システムを採用し、扱う仮想通貨の種類も常に増えている取引所。