TAOTAO(タオタオ)メリット・デメリット・口コミ・評判・特徴

TAOTAO(タオタオ)特徴・評判をわかりやすく解説

国内仮想通貨取引所のTAOTAO(タオタオ)は、大手企業Yahoo!JAPANの子会社Zコーポレーションの100%出資によって設立されました。

サービスサイトは、仮想通貨初心者やWebサイトに慣れていない方も見やすく、サービス内容や口座開設の流れ、その他項目を確認しやすい画面構成です。現物取引とレバレッジ取引に対応しているので、短期取引を検討している方にとってもメリットがあります。

この記事では、TAOTAO(タオタオ)の特徴や利用メリット・デメリットなどについて解説しますので、仮想通貨取引未経験の方も参考にしながら口座開設を検討してみてください。

TAOTAO(タオタオ)の魅力を
大まかに説明すると….

  • Yahoo!JAPANの子会社Zコーポレーションの100%出資だから経営基盤が安定!
  • 初心者にも見やすく分かりやすいサービスサイト!
  • Yahoo!JAPANのセキュリティシステムを導入している!
  • 手数料無料の項目が多くコストを抑えやすい!

WEBやアプリの操作が簡単なので、これから仮想通貨投資を始める初心者にもおすすめな仮想鵜通貨取引所です。

TAOTAOで口座開設

TAOTAO(タオタオ)とは?

TAOTAO(タオタオ)のWebサイト

基本情報

サービス名 TAOTAO(タオタオ)
サービス開始時期 2017年7月
取引所/販売所 取引所&販売所
取引仮想通貨数 5種類
日本語対応
スマートフォン対応
最大レバレッジ 最大4倍
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
最低取引単位 0.001BTC
セキュリティ コールドウォレット/マルチシグ対応/二段階認証
入金方法 ペイジー入金
サポート 電話サポートなど
法人口座

運営会社情報

運営会社 TaoTao株式会社(英語表記:TaoTao Inc.)
資本金 1,260百万円
代表取締役 荒川 佳一朗
会社設立 2017年5月26日
本社所在地 〒105-0004東京都港区新橋5-1-9銀泉新橋第2ビル 5階

TAOTAO(タオタオ)は、2017年5月創業のTaoTao株式会社が運営中の仮想通貨取引所です。金融庁の認可を受けているので、口座開設および取引を行うことができます。

出資元は、大手企業Yahoo!JAPANの子会社Zコーポレーションなので、安定した運営を続けているのが特徴です。

サービスは、現物取引とレバレッジ取引の2種類から選択可能です。現物取引は、ビットコイン/円とイーサリアム/円の2種類と非常に少ないものの、初心者にとって分かりやすい通貨ペアといえます。

レバレッジ取引は、ビットコインとイーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの5種類から選択できます。なお、レバレッジの倍率は4倍ですが、2021年4月21日に2倍へ変更予定です。レバレッジ倍率に関しては、金融庁認定の自主規制団体日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の意向に沿って、TAOTAO(タオタオ)を含む国内の仮想通貨取引所が調整しています。

そのため、他の仮想通貨取引所もレバレッジ倍率2倍へ変更しています。

TAOTAO(タオタオ)は、シンプルなサービス内容と仮想通貨の種類、UI/UXという点が特徴および魅力といえます。


初心者でもアプリでかんたん取引できる取引所!

TAOTAOで口座開設

TAOTAO(タオタオ)の強み・特徴

ここでは、TAOTAO(タオタオ)の主な4つの特徴について説明していきます。

口座開設手続きから最短翌営業日に利用できる

TAOTAO(タオタオ)の「スマホでかんたん本人確認」を利用すると、最短翌営業日に取引を始めることができます。通常、口座開設申し込みから取引を始められるまで数日もしくは1週間程度かかるので、TAOTAO(タオタオ)はスピーディかつ便利なサービスといえます。

「スマホでかんたん本人確認」は、スマホで申込手続きを行ったのちに本人確認書類をカメラアプリで撮影、アップロードするというサービスで、口座開設通知の郵送受け取りが不要です。そのため、スピーディに口座開設できるようになっています。

口座開設手続きをすぐに済ませたい方は、TAOTAO(タオタオ)もおすすめです。

Yahoo!グループ出資で経営およびセキュリティの信頼性が高い

冒頭でもお伝えした通りTAOTAO(タオタオ)は、Yahoo!JAPANの子会社Zコーポレーション100%出資の仮想通貨取引所および企業なので、経営基盤に関しても安定しています。

さらにYahoo!JAPANのシステムを導入していて、安定かつ強固なセキュリティ体制を構築しているのも大きな特徴です。なお、セキュリティ体制は、二段階認証やマルチシグ、コールドウォレットといったシステムも実装しています。

他にはWAF(Web Application Firewall)を導入しており、24時間365日外部からの攻撃を防いだり監視したりしているのも特徴です。

大手企業による運営や安定したセキュリティ体制を構築した仮想通貨取引所を探している方には、特に利用しやすいと感じられるでしょう。

初心者にも分かりやすいサービスサイトおよび取引画面

TAOTAO(タオタオ)は、初心者にも分かりやすいサービスサイトです。

トップページには、口座開設のボタンを分かりやすく表示しているので、口座開設を進めたい方にも配慮された仕様です。また、TAOTAO(タオタオ)のサービス内容や手数料、ツールについても大きく表示しており、どのような仮想通貨取引所なのかイメージを掴むことができます。

他にも複雑な操作不要で各情報を閲覧できたり分かりやすい言葉でサービスを説明していたりなど、初心者に優しいUI/UXです。

スマホアプリ版も、TAOTAO(タオタオ)のサービスサイトと同じくシンプルかつすっきりとしたデザインで、どこにどのようなメニューがあるのか一目で把握可能です。

仮想通貨取引所や取引ツールの操作方法に不安を覚えてる初心者も、TAOTAO(タオタオ)であれば悩むことなく進めることができますよ。

不定期でキャンペーンを実施

不定期でさまざまなキャンペーンを実施しているのもTAOTAO(タオタオ)の特徴といえます。

たとえば2021年1月に実施された「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」は、イーサリアムのブロックチェーンを活用した国内発のMMORPG「My Crypto Heroes」へ、TAOTAO(タオタオ)からイーサリアムを送金すると、1,000円のキャッシュバックを受けられました。

他にも2020年12月に実施された「暗号資産の確定申告おたすけキャンペーン」は、ビットコインもしくはイーサリアムの現物取引額350万円相当額以上行うと、確定申告に役立つ損益計算サービス「Gtax」を利用できるようになります。

仮想通貨の取引に役立つツールやキャッシュバック、手数料無料など多種多様なキャンペーンを利用できるので、楽しみながら参加できますしメリットもあります。

TAOTAO(タオタオ)の取り扱い仮想通貨銘柄

TAOTAO(タオタオ)は、2021年4月2日時点で以下5種類の仮想通貨を取り扱っています。現物取引では、ビットコインとイーサリアムの2種類、レバレッジ取引では5種類の仮想通貨から選択可能です。

  • BTC = Bitcoin(ビットコイン)
  • ETH = Ethereum(イーサリアム)
  • XRP = Ripple(リップル)
  • LTC = Litecoin(ライトコイン)
  • BTC = Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

TAOTAO(タオタオ)の手数料

入金の手数料

TAOTAO(タオタオ)の入金は、ペイジーによる入金のみに対応しています。そしてペイジー入金の手数料は無料としています。出金方法は、銀行振込のみに対応していて、入金と同じく無料で利用できるよるになっています。ただし、最低入出金額は1,000円以上で、出金のみ出金操作の回数制限を設けています。出金操作回数は、1日1回です。

ペイジー入金

無料

取引の手数料

取引手数料は、現物取引とレバレッジ取引どちらも無料で利用できるようになっています。

ただし、レバレッジ取引の場合は、レバレッジ手数料という手数料コストを別途負担する必要があります。レバレッジ手数料率は、2021年4月2日時点で買いポジションのみに0.1%前後かかります。また、手数料率は毎日変わるので、レバレッジ取引を行う前に確認するのが大切です。

TAOTAO(タオタオ)のメリット

各手数料が無料なのでコストを気にせず始められる

TAOTAO(タオタオ)は、各種手数料を無料となっています。そのため、コストを気にせず仮想通貨取引を始めることができます。

口座開設や維持に関してコストはかかりませんし、取引手数料や入出金手数料、仮想通貨の入出子手数料も無料です。他にもレバレッジ取引のロスカット手数料無料で、レバレッジ手数料以外無料となっています。

シンプルな手数料設定といえるので、初心者にも分かりやすくコストを抑えたいと考えている方にもおすすめです。

一般的に仮想通貨取引所の入出金手数料や取引手数料は有料なので、TAOTAO(タオタオ)はコスト面でも優れた仮想通貨取引所といえます。

プロ向けと初心者向けのツールをそれぞれ利用できる

TAOTAO(タオタオ)は、スマホアプリ版とPC版の取引ツールを利用できます。そして、スマホアプリ版の取引ツールは、初心者にも分かりやすいUI/UXが大きな特徴です。

画面のデザインやボタン配置がスッキリしていて、一目でどこにどのような機能があるのか把握できます。また、シンプルなデザインながら入出金操作をはじめとした口座管理、現物取引とレバレッジ取引どちらも行うことができるのでPC版のツールと基本機能に違いはありません。

一方PC版の取引ツールは、1画面にチャートと板、残高照会や注文メニュー、保有通貨や資産状況などを表示可能です。さらに注文方法は、指値注文や逆指値注文、OCO注文など多彩なメニューから選択できます。中級者や上級者にも使いやすい高機能ツールといえるのが、PC版のメリットといえます。

TAOTAO(タオタオ)は上記のツールに加えて、「Trade Blotter」という取引情報をリアルタイムで確認できるツールも利用できるのが嬉しいポイントです。「Trade Blotter」では、取引成立した時間や数量を示す「歩み値」や注文の種類、未決済の注文など市場内で行われている詳細な取引情報を確認できます。

充実した内容なので、メインの取引所として活用してもいいでしょう。

不正ログインによる被害補償制度を用意している

TAOTAO(タオタオ)は、ハッカーによる不正ログインに備えた補償制度を用意しています。

2段階認証を設定した口座から不正ログインによって資産を盗難された場合は、1回の請求につき100万円までTAOTAO(タオタオ)から補償されます。

なお、補償の対象となるには、2段階認証設定済みであること、日本円で不正出金されたこと、不正出金された際に警察署やTAOTAO(タオタオ)へすぐに通報・連絡したことといった条件を満たす必要があります。

仮想通貨取引において不正ログインや出金リスクは、常に生じているので役立つ制度です。また、セキュリティや補償を重視している方にも、おすすめの仮想通貨取引所といえるのではないでしょうか。

TAOTAO(タオタオ)のデメリット

仮想通貨の種類が少ない

TAOTAO(タオタオ)で取り扱っている仮想通貨は、5種類と非常に少ない状況です。

仮想通貨黎明期の国内仮想通貨取引所は、5種類や3種類といったケースも珍しくありませんでした。また、2021年時点で仮想通貨のの種類5種類は、他の国内仮想通貨取引所と比較して優れているとはいえません。

ただし、初心者にとっては、5種類でも大きな問題ではありません。なぜなら、仮想通貨の種類が多いと、各仮想通貨の仕組みや特徴を把握していないので混同しやすく、なおかつ何を選べばいいのか分からずデメリットとなってしまう可能性もあるからです。

仮想通貨取引初心者にとっては、特に取り組みやすい仮想通貨取引所といえます。

仮想通貨レンディングサービスはない

TAOTAO(タオタオ)は、仮想通貨を貸し出す仮想通貨レンディングサービスに対応していません。仮想通貨を中長期的に運用したい方や仮想通貨レンディングをメインに考えている方には、デメリットといえるポイントです。

ただ、仮想通貨レンディングサービスも状況に応じて利益が減る可能性もあるので、レンディングに頼らず取引も含めて総合的に考えるのがリスクを抑えるために大切です。

また、今後仮想通貨レンディングサービスを導入する可能性も0ではありませんので、口座開設のみだけでも検討してみてはいかがでしょうか。

新規口座開設者は当面レバレッジ取引ができない

2020年5月1日の改正資金決済法及び改正金融商品取引法の施行によって、TAOTAO(タオタオ)で2020年5月1日以降に口座開設した方は、レバレッジ取引を当面利用できない状態です。

レバレッジ取引は、第一種金融商品取引業者のみ取り扱うことができる商品となり、TAOTAO(タオタオ)は、2021年4月2日時点でみなし登録事業者とされています。そして、TAOTAO(タオタオ)がみなし登録事業者から第一種金融商品取引業者へ変わるまで、2020年5月1日以降に口座開設した方はレバレッジ取引を行うことができません。

ただ、第一種金融商品取引業者への登録で、レバレッジ取引できるようになります。今後の状況次第で状況が変わる可能性もあるので、関心のある方はTAOTAO(タオタオ)の利用を考えてみるのもいいでしょう。

TAOTAO(タオタオ)の評判や口コミ

TAOTAO(タオタオ)の評判や口コミは、何を目的にしているかによって変わります。スマホアプリおよびPC版の取引ツールが使いやすいといった意見やセキュリティ面で信頼できるといった評価などもあります。

一方、TAOTAO(タオタオ)のスプレッド、種類の少なさなどといった点に関しては、厳しい評価もあります。初心者の場合は、仮想通貨の少なさに関して必ずしもデメリットとはならないので、スプレッドコストに関して特に気を付けましょう。

TAOTAO(タオタオ)はどんな人におすすめなの?

改めてTAOTAO(タオタオ)の特徴を整理してみると、

  • 仮想通貨の種類は少ない
  • 取引手数料無料で取引できる
  • スマホでも取引を始められる
  • サービスやツールの UI / UX が優れている
  • セキュリティーが強固

このようにまとめることができます。

TAOTAO(タオタオ)は以下のような方におすすめの取引所と言えるでしょう。

TAOTAO(タオタオ)はこんな人におすすめ

  • 仮想通貨を初めてみたい初心者の方
  • まずはビットコインで仮想通貨取引について学びたい方
  • セキュリティ面を重視している方
  • 初心者にも分かりやすいデザインやサービスを求めている方

初心者でもアプリでかんたん取引できる取引所!

TAOTAOで口座開設

TAOTAO(タオタオ)の口座開設方法

TAOTAO(タオタオ)の口座開設手続きは、簡単に進めることができます。

まずTAOTAO(タオタオ)の公式サイトで、メールアドレスを登録し、仮アカウントを作成します。続いて口座開設に必要な氏名・住所といった各情報の入力と本人確認を行い、審査結果の通知を待ちます。審査に通過できた場合は、取引を始めることができます。

なお、郵送で本人確認手続きを行う場合は、審査結果通知後に郵送で「本人確認コード」を受け取り、TAOTAO(タオタオ)のサイトで本人確認コードを入力し、取引を始める流れとなっています。

スマホで本人確認を選択した場合は、郵送による本人確認コードの受け取り不要です。

詳しい内容は、下記記事で紹介していますので確認してみてください。

TAOTAO(タオタオ)のアプリ

TAOTAO(タオタオ)では、口座管理から取引を行うことができるスマホアプリをリリースしています。

スマホアプリ版は、iOS版とAndroid版どちらにも対応していて、各アプリストアからダウンロードできます。ダウンロードおよび各機能の利用に関して、別途費用はかかりません。

そして、TAOTAO(タオタオ)のアプリは、シンプルで分かりやすいUI/UXが魅力であり利用メリットでもあります。各機能は、それぞれボタンで分かりやすく配置されていますし、取引操作画面も一目で買いや売り注文の項目を確認できるスッキリとしたデザインです。

取引以外には、入金や出金操作、残高の確認といった口座管理も簡単に行うことができます。

仮想通貨取引初心者や、パソコンでの取引操作に慣れていない方にも扱いやすいアプリですよ。

まとめ

TAOTAO(タオタオ)は、シンプルですっきりとしたデザインで、初心者にも分かりやすいUI/UXが魅力の仮想通貨取引所です。また、Yahoo!JAPANの子会社Zコーポレーションの100%出資なので、安定した経営体制です。さらにYahoo!JAPANのセキュリティ技術を導入したり2段階認証やマルチシグといったセキュリティ対策も施ししたりなど、セキュリティ面でも信頼できます。

「スマホで本人確認」機能を用いると、最短翌営業日には口座開設手続きを完了させることができるので、すぐに取引を始めたい方にもおすすめです。

仮想通貨の種類は5種類とコンパクトな内容です。

上級者には物足りない内容ですが、初心者にはシンプルで仮想通貨選びに悩まず取引を進めることができます。

これから仮想通貨取引を始める方やシンプルなサービスを求めている方は、TAOTAO(タオタオ)の口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。


初心者でもアプリでかんたん取引できる取引所!

TAOTAOで口座開設