ビットコイン(Bitcoin)とは?BTCと呼ばれる最初の仮想通貨について解説

ビットコイン(Bitcoin)とは?BTCと呼ばれる最初の仮想通貨について解説
コインメーカー

こんにちは、コインメーカー運営(@COIN_MAKER_JP)です!

近年では貯蓄や投資目的などで注目を集めている仮想通貨、その人気は世界規模で高まっているところです。

中でも仮想通貨として有名なのがビットコイン、この名称を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

ビットコインの安全性や使われる単位、その使い道などを、取引を始める前に知っておきましょう。

ビットコインとは?

ビットコインはそもそも、インターネットの技術を踏まえて発行された実態を持たない通貨です。

法定通貨のように価値を保証する特定の国家や管理責任者は、ビットコインにはいずれも存在しません

発行量はアルゴリズムによってのみ増加する仕組み、管理責任者不在の代わりとして、その取引情報はネットワーク上に実は全て公開されています。

これらの情報は誰でも簡単に確認可能、もちろん個人情報は含まれないので匿名性はしっかりしています。

公開された取引情報はネット上に分散していますから、情報が消えてしまう心配はありません。

つまり、実態を持たないビットコインですが、その存在はネットワーク上から消えない安全な仕様になっているのです。

ブロックチェーン

ビットコインにおいてこのような重要な役割を果たす暗号技術は、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンのシステムでは取引情報は10分間ごとにブロック化され、それがハッシュによってチェーンのようにつなげられていきます。

各ブロックにはナンスというパスワードも含まれ、このナンスを見つけられればそのブロックのチェックが完了します。

こうしたチェック作業がマイニングと呼ばれ、このマイニングは早い者勝ちなので個人や企業が同時に実行する特徴もあります。

何度もチェックが重なることで不正があった場合に発見可能、ビットコインで情報の改ざんを誰かが目論んでも失敗します。

更にマイニングの報酬としてのみビットコインは新規発行されますので、市場に出回るビットコインを増やす手段はマイニングに限られます。

不正チェックで発行量が増加するビットコインは、その存在自体が安全性を優先する仕組みだといえるでしょう。

ブロックチェーンとは?仮想通貨で使われる最先端技術を解説

2018.02.21

ビットコインなど仮想通貨の表記

仮想通貨にはそれぞれ価値を示す単位があり、ビットコインなら主にBTCが使われます。

取引所などでビットコインを表示する場合にはこのBTCが使われやすく、BTCはビットコインもしくはビーティーシーと読みます。

ビットコイン以外の仮想通貨も単位が定まっていますから、取引を行う前に各単位について利用者は知っておかなくてはいけません。

多くの場合、使われる単位はひとつに限られますが、ビットコインにはBTC以外にもいくつか単位が存在するので注意が必要です。

例えば単位がbitであるときには、その価値は1BTCの100万分の1しかありません。

bitの読み方はビットですが、これを知らずに1ビットの取引を持ちかけられた場合、1BTCのことだと誤って認識すれば大変な事態になってしまいます。

このような詐欺も実際に見られますので、ビットコインの取引時には単位について特に気をつけましょう。

ビットコインの通貨単位

ビットコインの通貨単位には、bitのほかにもmBTCとSatoshiがあります。

mBTC(ミリビットコイン)

mBTCの読み方はミリビットコインで、1BTCの1,000分の1の価値を持ちます。

Satoshi(サトシ)

対して、Satoshiは1BTCの1億分の1の価値を示す通貨単位、読み方はサトシです。

ビットコインの技術論文の著者であるサトシナカモト氏の名が由来です。

これは本名であるか、そもそも個人であるかどうかを含め、正体は不明です。

ビットコインの価値は登場時よりもはるかに高まっているため、現在では1BTCの価値が大き過ぎるとの指摘が出ています。

そこでmBTCやbit、Satoshiといった単位が使われ始め、一般的にこれらは総じて補助単位と呼ばれています。

人によっては小数点以下の0の数が多くなりがちなBTCよりも、補助単位のほうが分かりやすくなるでしょう。

Satoshiはこれ以外の単位と名称が大きく異なりますが、単位として既に定着しているため安心して活用可能です。

ビットコインの使い道

安全な仕様で尚且つ用いられる単位も多いビットコインですが、それではどのような使い道が今のところあるのでしょうか?

投資

まず、代表的なビットコインの使い道として、投資における選択肢があげられます。

法定通貨で取引を行ってビットコインを入手すれば、ビットコインの価値が上がった場合に利益を期待できます。

取引を繰り返して儲けたり、長期的な保有で利益を出すなど使える手段は様々、リスクを踏まえて検討していきましょう。

国外送金

また、ビットコインなら法定通貨の代わりとしても有効なので、国外との取引時に利用すればコストの抑制に活かせます。

日本円に対応していない海外取引所においても、ビットコインでアルトコインを取引する手段なら誰でも実践可能です。

決済

実生活における電気料金の支払いや店舗でのサービス、商品の購入代金としてもビットコインは使えます。

まとめ

ビットコインは、ブロックチェーンという暗号技術を備えている実態の無い仮想通貨です。

価値の変動が大きいものの、その安全性は高く、世界的な人気の向上にあわせて使い道も増加傾向にあります。

仮想通貨の中では珍しく価値を示す単位が複数存在するため、取引時などには単位について注意しましょう。

人によってはBTCよりも補助単位の活用が向いている場合が考えられますから、自分が使いやすい単位を選ぶこともおすすめです。

取引所ランキング

1位 bitbank詳しく知る

bitbank(ビットバンク)仮想通貨取引所

アルトコインの取引が無料!

ハッキング対策で全通貨オフラインのコールドウォレットを採用していて、顧客資産の保護を最優先としている。リップルなどの通貨をお得に取引できる取引所。

2位 bitFlyer詳しく知る

bitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨取引所

BTC出来高No.1!

取引量が圧倒的に多いので、安心安全に取引が可能。FX取引も可能で、レバレッジ取引で取引したい人におすすめしたい取引所。

3位 DMM Bitcoin詳しく知る

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)仮想通貨取引所

アルトコインでレバレッジ取引が可能!

取引所の利用が初めての人でも使いやすいと評判の取引所。アプリからは多数のテクニカル指標を利用可能。

4位 Zaif詳しく知る

Zaif(ザイフ)仮想通貨取引所

コイン積立がオススメ!

ビットコイン手数料がマイナスで、全体的に手数料が良心的な取引所。たまにサーバーが落ちるなど少し不安なところも。

5位 GMOコイン詳しく知る

GMOコイン仮想通貨取引所

様々な手数料が無料!

東証一部上場のGMOインターネットが運営している取引所。アプリのビットレ君に使いやすいと定評があり、今勢いのある取引所。

番外 Binance詳しく知る

Binance仮想通貨取引所

取引高世界1位に輝いた世界最大の取引所!

豊富なアルトコインを扱っており、人気投票システムを採用し、扱う仮想通貨の種類も常に増えている取引所。