アルトコインとは?アルトコインの選び方をわかりやすく解説

アルトコインとは?アルトコインの選び方をわかりやすく解説
コインメーカー

こんにちは、コインメーカー運営(@COIN_MAKER_JP)です!

世界規模で人気が高まる仮想通貨ですが、既にその種類は1,000種類を超えています。

実はこうした仮想通貨において、ビットコインを除く種類は全てアルトコインやオルトコインと呼ばれていることをご存知でしょうか?

アルトコインの特徴を踏まえ、アルトコインの選び方や注意点をチェックしていきましょう。

ビットコインとアルトコイン

仮想通貨の種類は大きく分けて2種類、ビットコインとアルトコインが存在します。

ビットコインが仮想通貨のひとつの一方で、アルトコインはあくまでも様々な仮想通貨をあわせた総称になっています。

投資の選択肢としてビットコインに投資するかアルトコインを選ぶかのようによく言われますが、実際にはアルトコインという枠で投資をできません。

取引所などでアルトコインは、もちろんそれぞれ個別の仮想通貨として取引をされています。

仮想通貨の取引は、単純な2択ではありませんので注意してください。

また、アルトコインは世界中で毎日のように新しい種類が発行され、その種類も増加を続けています。

ある程度取引に慣れた人なら、新しいアルトコインの見分けができる可能性こそあるものの、初心者にとってはなかなか判断が難しいところです。

アルトコインへの投資を検討するなら、個別の種類について事前の知識は必須ですが、新規発行含めて膨大な数の全てを調べることはほぼできません。

そこで、そもそもアルトコインとはどのようなものなのか、まずはこれから押さえる必要があるでしょう。

アルトコインとは?

アルトコインはビットコインに用いられているブロックチェーンの技術など、ビットコインの機能を踏まえて開発が始まった仮想通貨です。

特にビットコインの欠点をどのように解決するか、この点について開発時に注力されたアルトコインは世界中で高い人気を集めています。

加えて、種類が豊富に揃っているアルトコインですが、役立つ場面や機能など個別に備える強みは違っています。

その特徴によって差別化されていますので、仮想通貨としての価値はアルトコインごとに異なっているのです。

ただし、アルトコインにおいては、実験的な意味合いで開発されたものも出ています。実用性を備えていないものや市場に公開されていないものなど、必ずしもどれもが優れた機能を持っているとは限りません。

アルトコインの機能には、それぞれ差があることをあらかじめ知っておきましょう。

トークンとは?

もうひとつ、アルトコインの特徴と言えば、トークンと呼ばれる仮想通貨が含まれることもあげられます。

トークンは発行者が存在するタイプのアルトコインで、その発行量に上限が無い特徴もあわせ持っています。

仮想通貨の一種ですが株に近い性質なので、トークンは企業がICOプラットフォームを通して発行します。

トークンを購入しても、株主のような利益還元は受けられませんし、経営方針への意見も同様にできません。

それでもトークンを保有していれば、企業が展開する事業によってメリットを受けられる可能性が考えられます。

アルトコインの選び方

アルトコインは機能にそれぞれ差があって、トークンと呼ばれるものも含まれます。

このようなアルトコインに投資する場合、どのように選ぶべきなのでしょうか?

アルトコインの選び方を見ていきましょう。

時価総額ランキングを参考にする

まずは、誰でも簡単に実行可能な方法、時価総額ランキングのチェックがおすすめです。

上位1位から30位ほどまで確認すれば、人気のアルトコインが分かりますし、これらは主要なアルトコインなのでリスクも高過ぎることはありません。

扱っている取引所を確認する

次に、投資したいアルトコインを、どこで取引できるのかが大切なポイントです。

取引可能な取引所が例え見つかっても、それがひとつの取引所に限られている場合には注意を要します。

その取引所で取扱いをやめてしまえば、取引できなくなってしまいますし、何か取引所に問題が起こっても影響は避けられません。

できれば、複数の取引所で取り扱われているアルトコインから選ぶのを心がけてください。

まずは国内で扱っている仮想通貨銘柄から選ぶ

取扱い取引所が海外の仮想通貨取引所しかないアルトコインも、初心者にはおすすめできません。

通貨ペアとして日本円に対応していなければ、ビットコインしか取引にほぼ使えませんし、当然ですが国内の法律も適用されません。

取引が不便であってリスクも大きいので、このようなアルトコインは上級者向けです。

アルトコインの特徴や目的を知る

更に重要なのは、何を目的にしているアルトコインなのかになるでしょう。

明確な目的や特徴が提示されていないものは、詐欺を目的としているアルトコインかもしれません。

投資する前に情報収集をしっかり行って、将来性があるのかどうかをくれぐれも確かめてください。

アルトコインへの投資もビットコインに対する投資と同じように、損失を出してしまうリスクは発生します。

損失につながらないように、事前に様々な方法を使って情報を集めていきましょう。

まとめ

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと総称し、アルトコインは個別に強みを備えているのが一般的です。

アルトコインに投資する際には、該当する仮想通貨が備える特徴を調べ、将来性を期待できるか自分で判断しましょう。

時価総額ランキング上位のものや、対応する取引所が多いものほど、投資におけるリスク低減に役立ちます。

アルトコインが取引できる取引所を探すには以下の記事を参考にしてみましょう。

【徹底比較】仮想通貨・ビットコイン取引所!メリット・手数料などご紹介!

2018.03.06

また、アルトコイン取引なら取引手数料無料キャンペーン中のbitbankが一番おすすめです。

bitbank.cc(ビットバンク)特徴・評判・メリットをわかりやすく解説【2018年最新】

2018.02.19

海外の取引所では日本では扱われていないアルトコインも取引可能ですが、日本の法律は適用されませんし、日本円で取引できない場合が多くなります。

アルトコインへの投資は上級者向けですので、ビットコインの取引などで慣れた後に挑戦することをおすすめします。

取引所ランキング

1位 bitbank詳しく知る

bitbank(ビットバンク)仮想通貨取引所

アルトコインの取引が無料!

ハッキング対策で全通貨オフラインのコールドウォレットを採用していて、顧客資産の保護を最優先としている。リップルなどの通貨をお得に取引できる取引所。

2位 bitFlyer詳しく知る

bitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨取引所

BTC出来高No.1!

取引量が圧倒的に多いので、安心安全に取引が可能。FX取引も可能で、レバレッジ取引で取引したい人におすすめしたい取引所。

3位 DMM Bitcoin詳しく知る

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)仮想通貨取引所

アルトコインでレバレッジ取引が可能!

取引所の利用が初めての人でも使いやすいと評判の取引所。アプリからは多数のテクニカル指標を利用可能。

4位 Zaif詳しく知る

Zaif(ザイフ)仮想通貨取引所

コイン積立がオススメ!

ビットコイン手数料がマイナスで、全体的に手数料が良心的な取引所。たまにサーバーが落ちるなど少し不安なところも。

5位 GMOコイン詳しく知る

GMOコイン仮想通貨取引所

様々な手数料が無料!

東証一部上場のGMOインターネットが運営している取引所。アプリのビットレ君に使いやすいと定評があり、今勢いのある取引所。

番外 Binance詳しく知る

Binance仮想通貨取引所

取引高世界1位に輝いた世界最大の取引所!

豊富なアルトコインを扱っており、人気投票システムを採用し、扱う仮想通貨の種類も常に増えている取引所。